洗顔の本当の目的知ってますか?

洗顔する女性

洗顔の目的は、皮脂汚れの過酸化脂質を落とすことです。

 

皮脂とは、毛根の近くにある皮脂腺から分泌される油分のことで、毛穴から毛をたどって肌表面に出てきます。

 

皮脂には角質層を守る役割もありますが、分泌が多すぎたり、洗いきれずに常に溜まっている肌は、雑菌がつきやすいのでニキビの原因になります。

 

また、食品油と同じように、空気に触れることで皮脂は酸化して「サビ」を作ります。

 

これを「過酸化脂質」と呼びますが、スキントーンを暗くさせたり、
肌を老化させる要因にもなるといわれています。

 

寝て起きたときの脂っぽい肌も、1日働いて風や埃にさらされた肌も、
しっかりと行う洗顔によって、汚れを落とすことが大切です。

 

酸化した皮脂をしっかり落とすことで、化粧水などの栄養分を肌に浸透しやすくする役割もあるので、洗顔はスキンケアの基礎の基礎です。

 

洗顔料の選び方<石鹸とフォームどっちが良いの?>

洗顔フォーム

ドラッグストアなどで洗顔フォームのパッケージを見ると、
「潤い成分配合」や「美白成分配合」と書かれている商品が多くみられます。

 

「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」のどちらにしようか、迷ったりすることもありますよね?

 

どんな洗顔料を選べば良いのか悩んだときは前述した
「洗顔の目的」を思い出してください。

 

洗顔の目的はお肌に美容成分をプラスすることではなく、「汚れを落とすこと」です。

 

溜まった皮脂汚れを落とすことが大切なので、洗顔料は保湿や美白ではなく、
洗浄力で選びます。

 

洗い上がりがしっとりと使用感が良いものは、そのための油分が含まれています。

 

肌に皮脂膜以外の油分が残ると、肌老化の一因にもなるんです。

 

洗顔フォームの合成界面活性剤に気をつけて!

肌荒れに悩む女性

クリームやリキッドなど様々な形状をした洗顔フォーム。

 

ありとあらゆる形態を変性しないで長期間維持してられるのは、水と油を乳化させる化学成分である「合成界面活性剤」を使用しているからです。

 

合成界面活性剤の機能によって、泡立ちをよくしたり、洗浄力を強めたり、洗い上がりをしっとりさせたりと、洗顔フォームを多機能にしましたが、実はこの合成界面活性剤はかなりのクセモノです。

 

合成界面活性剤の乳化能力は、肌のバリアに必要な油分までも乳化させてしまい、
角質層を傷つけると言われています。

 

洗顔フォームは洗い上がりにしっとり感があって、あたかもお肌に良い感覚がありますが、長い目で見ると、逆に乾燥肌を強める結果にもなります。

 

美容著書の共通認識は「洗顔は石鹸が一番良い」!

石鹸のイラスト

洗顔料を探している人の多くは、
洗顔フォームをイメージしているのではないでしょうか?
もしかしたら、あなたもそうお考えかしれません。

 

しかし、今まで読んできた美容系著書の多くで共通しているが、「洗顔には石鹸を推奨する」ということ。

 

 

石鹸というと古くさいと感じるかもしれませんが、石鹸の多くは合成界面活性剤が含まれていません(固形石鹸でも含まれているものがあるので注意!)。

 

適度な洗浄力で余分なものが含まれていないので、
皮脂汚れを落とすことだけを目的とした、最も安全な洗顔料なんです。

 

洗顔フォームをやめて石鹸洗顔に切り替えるだけでも、
肌質が好転することに驚くと思います。

 

石鹸で洗顔すると顔がつっぱることから、「皮脂をとり過ぎなのでは?」と思うかも知れませんが、それは余計な油分が含まれていないからです。

 

洗顔石鹸の選び方とは?

 

洗顔のポイントは、やっぱり泡!

手で泡をもつイラスト

あなたもご存じとは思いますが、
洗顔のキーポイントは「泡の使い方」です。

 

洗顔料でできたモコモコの泡は、毛穴の奥の汚れを浮き上がらせて、皮脂汚れを吸着して取り去ってくれます。

 

お湯をつけてちゃちゃっと溶かした洗顔料でゴシゴシこすって洗うより、
しっかり泡立てた泡を顔にただのせておくだけの方がクリアに汚れが落とせます。

 

泡立ちの目安は、片手の手のひらに大きく乗るくらいこんもりと。

 

手で皮膚をこすると肌荒れに繋がるので、手と顔の間に泡のクッションを作って、
顔には直接手が触れないようにして洗うのが理想です。

 

肌質に合わせた洗顔方法はこちら

洗顔の手順

  1. ぬるま湯で顔を塗らす。
  2. 洗顔料を泡立てる

    (効率的に泡立てるには、スポンジやネットがおすすめ)

  3.  

  4. 最初に、Tゾーンに泡をのせてなじませる

    (泡を手で動かして、泡が皮膚を洗うようなイメージで)

  5.  

  6. 顎の部分に泡をのせてなじませる
  7.  

  8. 残りの頬と目元に泡をのばして、軽くなじませる
  9.  

  10. ぬるま湯で手早く泡を流す

    (このとき、シャワーからでるお湯を直接顔に当てて流すと、必要な皮脂も流れてしまうのでNG。桶にためたお湯を手のひらでやさしく顔につけて流すようにしましょう)

  11.  

  12. タオルを顔にふんわり当てるようにして水分を取る

    (上下にタオルを動かしてこすりとるのは厳禁!)