本当に肌を守って洗いたいなら、私は石鹸を選ぶ!

ドラッグストアに行くと、洗顔料のほとんどは洗顔フォームが占めています。

 

洗顔用の固形石鹸のCMってほとんど見かけませんよね?

 

洗顔フォームの方が使いやすいし、
何かと肌に良さそうな広告も多いし、どこに持って行くにも便利。

 

反面、固形石鹸といったら洗顔後にキュッキュッしてつっぱるから、乾燥肌になりそう。

 

しかも、使った後にタラタラと水分が垂れてお風呂場が石鹸カスで汚れるし、
持ち歩きも不便!

 

そんなこんなで、今まで私も洗顔フォームを使っていたんです。

 

お風呂ではチューブタイプ、朝の洗面台での洗顔は時短のために泡フォームを。

 

一応、乾燥性敏感肌に良さそうな商品を選んでいたけど、乾燥肌に洗顔料が影響しているなんてほとんど考えもせず、超しっとりタイプの化粧水と保湿クリームがあれば大丈夫と思ってました(今考えると恐ろしい・・・)

 

真実を知って、石鹸に変えました

ほぼすべての洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれていて、
洗うたびに、私の肌表面にある本来の潤いまで流されていたとは・・・

 

試しに、大手洗顔料メーカー「ビ○レ」の洗顔フォームを1個選んで成分表示を確認したところ、無作為で選んだにもかかわらずしっかり入ってました。

 

別ページで詳しく紹介していますが、合成界面活性剤は便利だけど肌荒れを確実に引き起こします。

 

洗顔後に肌がかさついて、すぐに化粧水をつけないといられない人は、
まずは洗顔フォームをやめて合成界面活性剤フリーの石鹸に変えないことには状況は変わりません。

 

洗顔料の合成界面活性剤とは?

 

固形石鹸、特に純石鹸は肌も環境も破壊しない!

石鹸は、動物性油脂(牛脂や豚脂)または植物性油脂(ヤシ油やパーム油)を水酸化ナトリウムか水酸化カリウムで煮たものです。

 

石鹸の成分表示には、
これらのことを「石鹸素地」と表示されています。

 

特に、成分表示が石鹸素地100%だけの「純石鹸」は、
もちろん合成界面活性剤は含まれていないし、金属封鎖剤や色素や香料などの化学合成添加剤も含まれていないので肌を壊す心配もありません。

 

油脂は水中生物のエサとなり、ナトリウムなどのアルカリ金属は水に溶けるので、
洗顔後の排水が河川に流れても、自然環境を壊すこともないそうです。

 

固形石鹸にも色々あるので、成分表示をチェックして!

成分表示はその成分の多い順から書かれているので、一番最初に石鹸素地と書かれていないものは、石鹸のように見えるけど純粋な石鹸とは言えません。

 

むしろ、洗顔フォームやボディソープに近いので、あまりお勧めできません。
無添加や植物由来と書かれたナチュラルなイメージを与えるパッケージでも、成分表示を見ると保存料のパラベンや着色料のタール色素など添加物がゾロゾロと書かれているものがあります。

 

固形石鹸だからと安心しないで、成分表示をよく見ることが大切です。

 

 

身近で手軽に手に入る純石鹸は?

すごくお手頃価格で、近くのドラッグストア等でも購入できる純石鹸として有名なのが、「シャボン玉石けん」です。

 

合成界面活性剤が入っていない洗濯洗剤を紹介したテレビCMでもお馴染みですよね。

 

200円くらいで購入できて、赤ちゃんのボディ用にも使える完全無添加の石鹸が作られています。